月餅の種類

中秋節といえば月餅

台湾では中秋節のときには月餅を食べます。

他にも結婚式やご出産などのお祝い事のときにも月餅が振る舞われます。台湾の文化に浸透している食べ物と言っても過言ではないでしょうか。

一言で月餅と言っても、かなり種類がたくさんあります。

たとえば、パイナップルケーキも月餅の一種だそうです。これはちょっと意外でしたね

台湾人の方に月餅について聞いてみた

台南の日台交流会で、台湾のみなさんが好きな月餅について聞いてみました。

(日本人にも聞いてみましたが、嫌いな人が多かったです^^;)

月餅の餡について、種類がたくさんありみなさん好みが分かれていましたね。その日に挙がった餡について考察していきます。

・あんこ状のもの

オーソドックスなのは小豆ですね。

こしあんが基本のようですが、つぶあんのものや、緑豆やタロイモのあんこもあるようです。

他には、ごま、抹茶、チョコなどなどがありました。

どれも癖が少ないので、これだけであれば食べれそうですね。

・餅(求肥)

日本人が大好きな餅(求肥)は、月餅にも入ります。

おそらく餅入り月餅が一番美味しいんじゃないかなと思います。

ただの私の好みですが。

台湾の方は、この餅入りが嫌いな人も意外にいましたね。

・黄身

いきなり「ん?」と思うのが挙がりました。

黄身といっても、半熟ではなく全熟のもの、それも塩漬け卵です。

あんこの甘さと黄身の塩っぱさのハーモニーがマッチすればすごく美味しいです。

これはお店の配合のバランスによって、美味しさが決まるので腕の見せどころ。

・肉

肉入りって、それ肉まんちゃうの?!と思っちゃいます。

しかもこれがあんこと一緒に入るのですから、さらにびっくり。

でもこれが不思議と美味しいんですよね。

肉のそぼろが入ってることや、肉鬆(ローソン)が入っていることもあります。

・フルーツ

月餅はすぐに食べるものでもないので、さすがに生の果物を入れている月餅は少なく、ドライフルーツを入れます。

ドライ苺やパイナップル、ジャムなど種類を挙げるときりがありませんが、どれも食べやすですね。

・他の意外なもの

トリュフや乾燥貝柱などの高級な月餅もありました。

今後シュークリームみたいな月餅や、熱々の肉まんみたいな月餅が出てくるかもですね!

(もはや月餅じゃないかもですがw)

食べてみたい「雪餅」

話題に挙がったのが、月餅のアイス版「雪餅」。

求肥の皮に包まれている雪見だいふくのようなものや、中がバニラアイスのものなど種類が豊富です。

でもこの雪餅、値段がかなり高めに設定されています。

こどもは大人用の月餅より、この雪餅が好みのようです。

子供向けの可愛い雪餅が販売されており、大人は痛い出費をすることになります。

いろいろ試してみたい月餅

さて、いかがでしたでしょうか。

月餅はたくさん種類があるので、自分好みの月餅を探してみてください。

きっと気に入るものがあると思います。

ただ、月餅はカロリーが高いのでお気をつけて☆

では、よい中秋節をお過ごしください!

中秋節考察の動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする