台湾南部最大の留学サポートセンター

目次

台湾の南部で中国語を勉強する
台湾の学校へ留学するための入学手続き
中国語を勉強するためのビザについて
 1.観光ビザ(ノービザ)
 2.停留ビザ(語学研修ビザ)
  ・停留ビザの更新について
  ・2度目の停留ビザ更新?!
 3.居留ビザ
  ・健康診断について
  ・居留ビザ申請必要書類
  ・居留証(ARC)申請について
  ・居留証(ARC)更新について
 4.ワーキングホリデービザ(別ページ)
弊社のご紹介
台湾南部留学サポートセンターへの連絡先・お問い合わせ

台湾の南部で中国語を勉強する

経済的で気候が良い!

台湾での留学先は台北が最も人気ですが、近年、台南や高雄といった台湾南部へ留学をする方が増加しています。台湾南部は一年を通して気候が良く、雨が降ることも少ないので暮らしやすいのが特徴です。また、食費や家賃といった生活費も台北と比較すると経済的です。
学校の質は台北と比較しても決して引けを取らず、台南には台湾屈指の名門校・成功大学や高雄には「台湾のUCSD」の異名を持つ中山大学が存在します。

台湾南部は生活面・学習面ともに留学先として正に最適な場所といえるでしょう。

台湾で中国語の勉強が可能な語学学校の一覧はこちら

台湾の学校へ留学するための入学手続き

語学留学への入学は学校にもよりますが、ある程度の中国語力または英語力があれば自分で手続きすることも可能でしょう。ですが不安があれば、私どものような現地エージェントに頼むのも安心できるのでおすすめですね。

台湾の語学留学の場合、申請期限が開講初日の2~3ヶ月前に設定されていることが多いので、 行きたい学校の開講日から逆算して、3~4ヶ月前には準備に取りかかった方が良いかと思います。

一般的には、準備にかかる時間は語学留学の場合は3~4か月前、正規留学(大学・大学院)の場合は1年前を目安としてお考えください。

以下、大学の語学学校に入学する際に必要な書類です。郵送の必要はなく、すべてデータでの提出で良いところが多いです。学校によっては、健康診断結果や英語の証明書が必要だったりしますので、詳細は各学校の募集要項を確認しましょう。

語学学校に入学するために必要な書類
・入学申請書
・証明書用写真
・最終学歴の卒業証明書
・最終学歴の成績表
・パスポートコピー
・銀行残高証明書

中国語を勉強するためのビザについて

台湾で中国語を勉強するため、ご滞在予定期間によってどのビザにするかを考えなければいけません。以下、それぞれのビザでのご滞在について説明します。

※注意
台湾のビザに関わる手続き・必要書類については、都市や大学や学生個人によって変更になることがあり、追加書類の提出を求められることもあるので、申請前に各機関にお問い合わせください。 また、感染症や国の情勢などの影響で、ビザの発行や更新ができないこともございます。

1.観光ビザ(ノービザ)

台湾は90日以内のご滞在であればビザは必要ありませんので、90日以内の短期留学であれば、別のビザを取得しなくてもノービザで中国語の勉強ができます。

また、台湾のほとんどの学校では1学期は3ヶ月となっており、学期間で1週間程度の休みがあります。この休み期間中に帰国するか、他の国へ旅行に行って台湾に再入国すれば、その日からさらに90日滞在できます。このような毎学期間台湾を出国して再入国する「ビザラン」をしながら学校へ通っている方は少なくありません。

観光ビザでは90日以内に一度出国する必要がありますが、リフレッシュも兼ねて気楽に留学したい人、面倒なビザの手続きを省略したい方はこの方法で台湾留学を楽しむのも良いと思います。

この場合、航空会社によっては台湾を出国する航空券を持っていないと搭乗できないこともありますので、ご注意ください。

2.停留ビザ(語学研修ビザ)

語学学校で学ぶ語学留学生は停留ビザ(語学研修ビザ)を取得できます。学校への入学が許可されると、入学許可書が送られてきますので、この書類と以下の必要書類をそろえてビザの申請をしましょう。

停留ビザには「シングルビザ(1度出国すると失効)」、「マルチビザ(何回でも出入国可)」の2種類があります。帰国予定がある人は、マルチビザを取得しましょう。

日本で停留ビザを申請する場所はこちら

必要書類一覧
・残存期間6か月以上のパスポート
・ビザ申請表(専用ウェブサイトhttps://visawebapp.boca.gov.tw/にて個人情報を登録後、PDF形式のビザ申請書(A4)を要印刷)
・証明写真2枚(4cm×5cm)
・語学学校の入学許可証 ・帰国便の航空券、もしくは資金証明
・残高証明書(残高金額50万円以上)
・申請手数料 シングルビザ:5300円 マルチビザ:10500円
・学習計画表(中国語学習の動機と学習計画)
※当日発行希望の場合、追加料金を払えば可能

・停留ビザの更新について

停留ビザでのご滞在は、到着日の翌日から 90 日が期限となっています。在留期限の前に必ず期限延長の手続きをしましょう。延長手続きは、期限の2週間前から可能です。停留ビザの更新は一度のみで、その後の更新は居留ビザへの切り替えとなります。

必要書類に「在学証明書」が必要ですが、次期の学費を納入してからの発行となります。また、授業への出席率が低い場合はビザの更新が認められないことがありますので、授業は休まず出席するようにしてください。

停留ビザの更新は、最寄りの移民局でしましょう。混雑していなければ、その日のうちに10分ほどでビザ延長が完了します。

台湾各地の移民局一覧はこちら

停留ビザ更新に必要な書類
・在学証明書
・出席記録
・パスポート
※証明写真を求められることもあります

・2度目の停留ビザ更新?!

・少し特殊な例ですが、学校の就学期間と停留ビザ期間が合わないとき、もしくは帰国までの準備期間が短いときは、移民局で1週間程度の停留ビザ延長が可能です。必要な書類は「在学証明」「出席記録」で、ビザ期限の15日前から手続きが可能です。書類が揃っていれば、即日延長可能です。ビザ期限が微妙なときは、移民局に相談してみてください。

3.居留ビザへ

台湾到着日から 4 カ月以上、語学学校に在籍した人は、停留ビザから居留ビザに切り替えが可能です。停留ビザの期限がまだ2ヶ月以上ありますが、居留ビザの申請は1ヶ月〜1ヶ月半くらいの時間がかかりますので、台湾に長く住在する人は入学から起算して4か月後にすぐ居留ビザに切り替えた方がいいです。

停留ビザから居留ビザ切り替えの流れは、こんな感じです。

・健康診断について

居留ビザ申請のための健康診断は、行政院衛生署が指定する病院で受ける必要があります。病院にもよりますが、診断結果が出るまで10日前後の時間がかかります。また、診断に引っかかると再検査も必要だったりするので、居留ビザを申請する予定日から逆算して早めに行きましょう。

行政院衛生署が指定する病院一覧はこちら

※病院にスピード写真機がありますが、証明写真を持っていくとスムーズです

・居留ビザ申請必要書類

健康診断の診断結果を受け取ったら、以下の書類を準備して最寄りの外交部で居留ビザの申請をします。居留ビザと居留証(ARC)の申請場所は異なりますので、注意しましょう。

台湾各地の外交部の場所はこちら

居留ビザ申請に必要な書類
・一般ビザ申請書
※外交部のサイトから記入し、プリントアウトしてください(https://visawebapp.boca.gov.tw/BOCA_EVISA/
・証明写真2枚(背景が白無地のもの)
・パスポート(残存有効期間6カ月以上)
・出席記録
・在学証明書(次学期の学費を支払い後に申請)
・学習計画書(中国語で今後の予定を記載)
・財力証明書(台湾ドル8万元以上の残高が必要。日本のカードでも、台湾から引き出せるのであれば、そのレシートを持参でOK)
※証明書は1週間以内、レシートは当日のものが尚良
・次学期授業料の領収書
・健康診断証明(健康診断が終わってから2週間以内にビザを申請してください)
・手続き費用NT$3,000
・その他、必要に応じて

・居留証(ARC)申請について

外交部で居留ビザの交付を受け取ったら、15 日以内に必要書類を持って最寄りの移民署へ行き、居留証を申請します。居留証の申請から交付までは2週間近くかかります。

台湾各地の移民局一覧はこちら

居留証(ARC)申請に必要な書類
・パスポート
・在学証明書
・出席記録
・写真1枚 (横3.5cm×縦4.5cm)
・申請費用NT$1,000
・居留証申請書(移民局にあります)

交付後に移民局まで取りに行くか、郵送を選べます。郵送の場合は切手代が必要です。まれに居留証に記載事項に誤りがあったり、郵便物紛失の恐れもあるので、移民局へ受け取りに行ったほうが確実です。

・居留証(ARC)の更新について

次の学期以降も続けて学習をするときは、居留証期限前に最寄りの移民局にて更新をしてください。次期の授業料を納めないと在学証明がもらえないので注意してください。更新は30日前からでき、申請から2週間程度の時間が必要です。

居留証(ARC)更新に必要な書類
・パスポート
・在学証明書
・出席記録
・写真1枚 (横3.5cm×縦4.5cm)
・申請書(移民局にあります)

4.ワーキングホリデービザ(別ページ)

○ 弊社のご紹介

弊社・TIL spaceは台湾で日台交流に関わる仕事をしている会社(台湾で法人登録済)です。台南の中心に拠点を置き、台湾南部への中国語学習留学、または台湾の大学への進学をお考えの方を支援しております。スタッフ全員が日本語と中国語を扱えることに大きなアドバンテージがあります。

現地においても盤石なサポート体制で、あなたの夢をお手伝いいたします。

台湾人の学習パートナーを紹介!

中国語を勉強しに台湾に来た人から、よく台湾人の友人ができない、という声を聞きますが、TIL space内では毎週言語交流会を開催していますので、台湾の友人を作る機会が多いです。台湾人の友人ができれば、中国語を勉強する手助けとなり、中国語の学習スピードが格段上がるでしょう。留学では環境や現地の友人作りが大事です。
交流会については、こちらの記事をご参考ください(弊社のサービスは、台湾でのテレビや新聞でも何度か紹介されました。リンク内に少し載せています)。

台湾南部への留学をお考えの方へ

TIL spaceではあなたの台湾への留学・ワーキングホリデーをお手伝いいたします。
入学手続きをはじめ、住居の手配、ビザの取得・更新、現地での生活サポートなど、留学に必要な手続きや情報の提供を実施しております。直接現地学校へ連絡を取って手続きをし、進捗具合も逐一報告させていたしますので、ご自身で手配するよりも安心感が違います。

・学校のご紹介

中国語学習から大学進学まで!
台南や高雄をはじめとした台湾南部の大学をご紹介いたします。
中国語コースがある大学はもちろん、学びたい分野や卒業後の進路を相談し、理系/文系/芸術系など豊富な学科やコースからご希望に沿ったものを紹介いたします。

・入学手続き

現地での安心サポート!
出願先が決まりましたら、続いて入学手続きです。出願条件を確認し、提出書類の準備をします。
個人で出願する場合の多くは、大学のwebサイトで出願条件や書類について参照しますが、記載されただけの内容では不明瞭な箇所や中国語・英語のみということが多いです。
このとき必要な書類の作成及び確認を我々がサポートいたします。

・住居の手配

ご希望に応じてカスタマイズ!
学生寮の申請やマンション・アパートの契約もお任せください。大学内の学生寮であれば、日本に居る間に契約を完了し、台湾に来た日から新居に住み始めることができます。
外部でお部屋探しをする場合も、入居契約から解約手続きまでフルサポートいたします。間取りや家賃などの入居条件をお知らせいただければ、その条件に合った物件をこちらで探して紹介します。
また、弊社ではホームステイ先のご紹介も行なっております。

・ビザの取得・更新

面倒なビザもフルサポートで安心!
中国語学習のためのビザについては、3ヶ月以上ご滞在予定であれば停留ビザでの入国が便利です。正規留学かつ6ヶ月以上滞在する予定の方は居留ビザの申請が可能です。台湾へ入国後に移民署や外交部で一定の手続きを行わなければなりません。
また、ビザの種類によっては定期的なビザの更新が必要になります。
これらの煩雑なビザ取得・更新について我々がサポートいたします。

・大学進学サポート

いま人気の台湾留学。学生さんのご希望に合わせて進学をサポートします。
学位留学の場合は申請期限が1~3月頃に集中していますので、 9月頃には準備を始める必要があります。入学試験は、語学レベルが基準に達しているかの筆記試験に加え、面接では自己紹介、志望理由、学習計画、将来の夢など、日本の面接とさほど変わらない内容です。

現地で大学をご見学したい方がいらっしゃいましたら、こちらでプランを用意いたします。

・現地でのサポート

その他何でもご相談ください!
ビザ取得・更新支援の他にも、空港での送迎や新居への同行といった現地サポートもお任せください。さらに銀行口座の開設や病院の紹介、生活面でのアドバイスなどTILならではのフレキシブルなサポートが可能です。
弊社スタッフは全員中国語・日本語を話せますので、あなたの留学における日本と台湾のパイプ役として必ずお役に立てるでしょう。

休暇を利用してプチ留学。1週間からの超短期留学もOK!

・あなたに合わせた豊富なプランをご用意

1週間の超短期留学もOK!
「台湾で中国語を学びたいけど、まとまった時間が取れない」、「なるべく経費を抑えて留学したい」という一人一人のご要望にお答えするために、1週間から可能な超短期留学プラン、費用を抑えた格安プラン、マンツーマンによる集中レッスンプラン等、豊富なプランをご用意しております。
宿泊先についても期間やご予算に応じて最適な物件をご用意。ホテルをはじめシェアハウス、ゲストハウス、ホームステイ先のご紹介が可能です。

ホームステイ先のご紹介

・厳選されたホストファミリーとマッチングいたします

台湾の家庭料理を堪能!
弊社ではホームステイ先のご紹介も行なっております。現地のホストファミリーと生活し、その国のリアルな文化に触れることができます。寮やマンション生活とはまた違った特別な経験もホームステイならでは。ネイティブな語学に触れること時間も多く、自然な語学の習得にも役立ちます。
滞在期間は最短1週間
短期はもちろん、長期間でのご滞在も可能です。
弊社は信頼と安心をモットーとし、いずれのホストファミリーも数回に渡る面接を経て信頼できるご家族のみを採用しております。あなたのご希望の条件を基に、あなたと厳選されたホストファミリーをマッチングいたします。

各種サポート費用について

低価格でのサポート費用! 台南現地で直接サポートいたしますので、かなりお安くサポートを受けることができます!大学や地域によって、価格が少し変動しますので、まずは最下部のお問い合わせフォームよりご連絡ください。(台湾南部のみサービスを承ります)

台湾南部留学サポートセンターへの連絡先

店名:TIL space言語交流空間(会社名:堤奧空間國際事業有限公司)

住所:台南市中西區中山路90號8樓之16

電話:+886-62230179(携帯+886-979086261)

※日本からはIP電話(050-3632-1612)へお電話ください。

Email:info@til-information.com

Facebook:https://www.facebook.com/tilspace.home/

弊社公式LINEでのお問い合わせはこちらより↓

地図の中心へ

台湾南部留学に興味のある方、まず以下のフォームよりご相談ください!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容〈複数可〉

台湾での学習開始予定

ご滞在予定場所

題名

メッセージ本文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする