ワーホリで就活 in 台北 パート①

こんにちは。今回は台北での就職活動について私の経験をご紹介したいと思います。

日本から台湾へのワーキングホリデーは特に必要な資格なども無く手軽に来れますよね!来たは良いけど仕事ってどうやって探すの〜?台湾の会社で働いてみたい!などいろいろな方がいらっしゃると思います。そこで私の経験(というか今までの馴れ初め)をお話ししたいと思います。

まず自己紹介!

名前・・・A子
年齢・・・26歳
ビザ・・・ワーキングホリデー
中国語力・・・TOCFL 聽力 B2 / 閱讀 B1(中級レベル)
台湾留学1年後の成績です。
外国人から「日本人なのに閱讀の方が低いの??w」と言われます。笑笑
なので胸を張って言いたい!
「同じ漢字を使ってても中国語と日本語は全くの別物なんだよー!」
閱讀はあと2点足りませんでした😭😭
英語力・・・崩壊レベル
もともと崩壊してましたが、中国語を勉強することにより更に崩れました(O_O)

私の中国語力

中国語学習歴は台湾留学の1年間!
もともと台湾が大好きで中国語にも興味はありました、が!それは大好きなスターが何言ってるか知りたい〜!そんな感じw高校と大学の選択科目で中国語を選び、中国語だけは、1番前の席の真ん中で講義を受けていました!
が、しかし。台湾留学に来る前に知っていた単語と言えば…
「ヨウメイヨウ(指差し)」
「ドーシャオチェン」
「ウォーシーファンニー」←ドラマの見過ぎw
これくらい。

台湾留学の前に部屋探しに台北に来た時、
「シーショウチエン、ザイナーリ」と、トイレを訪ねても伝わらず、結局「トイレ!トイレ!」って言って意思疎通してました🤣

こんな中国語レベルだったので、中国語の授業は第一本書(1冊目)から始めました。3か月で1冊、3冊目からは3か月で半冊なので、1年でちょうど3冊目まで終わりました。留学期間を終えてから、実力試しのつもりでTOCFLを受けました。
そして上記の結果に至りました…

さて、長くなりましたが本題に入ります!

台北での職探し

まず初めに、私は全職(正社員)の仕事しか探していませんでした。バイトも良いけど、最終的には正社員の仕事に就くことが目標でした。

台湾での仕事探しは主にネットを利用しました。
私がダウンロードしたアプリは3つです。

その中で1041111に登録しました。518は登録の仕方が分からなかったの。笑笑

履歴書作成

台湾には履歴書のテンプレートがありません!
日本だとコンビニに用事が売っていたり、ネットでもダウンロード出来たりするんですが、台湾はワードに自力で作成します。

台湾人の履歴書を元に私も書いてみました。
それがこちら。。。


基本的に書くことは同じです。

初めは自力で書いて、その後友達に添削してもらいました!
あんまり綺麗すぎる中国語だったら勘違いされるから直しすぎないでね!とお願いしましたが、間違った中国語は直したくなりますよね〜!いっぱい訂正してもらいました(^O^)

次にアプリにも同じ内容を書き込みます。
ちなみに104は入力した内容をそのまま履歴書に印刷できる機能が付いていて、そのまま提出できるみたいです。
私は使ったことありませんが、台湾人はこれで出すよ〜と言ってました!

アプリの登録が終われば履歴書の準備は完了です。
日系の会社や採用担当者が日本人の場合は日本語の履歴書を求められるので、日本語バージョンも作成しておきます。

会社からのオファー?

台湾の求人サイトは日本と少し違っていて、会社からのオファーもいただきます。アプリから通知のくるものも有れば、直接メールが届く事もあります。電話がかかってくる事もしょっちゅうです。

オファーの多くは台湾人でも好んでしないようなきつい仕事が多かったです。特に保険系。台湾人から「これはやめといたほうが良いよ」と言われました。そもそも私にできる自信が無い…

でも、もちろん良さそうな仕事もありましたよ〜!!私の今の仕事もオファーからです。オファーと言えば聞こえが良いようですが、私達が条件を当てはめて仕事を探すように、会社も条件の合いそうな人にコンタクトを取り、良い人材を探す。そんな感じです。

もちろんオファーを貰って面接に行っても受からない事もあります。
でも、このオファーはいい考えだと個人的には思います。会社が受け身ではなくて、自ら良い人材を探していて、今まで関わりがあったわけでは無いけど、履歴書を見て、「この人、使えるかも?」と選んでもらえ、面接のチャンスをもらえます!会社にとっても私たちにとっても良い事づくしな気がします(^O^)

長くなってしまったので続きはパート②で!

予告…

パート②ではいよいよ面接に行きます!
①留学アシスト会社での事務/翻訳仕事
②超高級日本料理店
③日本人に人気の小籠包の名店『鼎泰豐』
④旅行会社の翻訳ページの仕事
以上、上記4つの会社に面接に行った詳細についてをお送りします〜(*゚▽゚*)
お楽しみに!

今日も最後までありがとうございました!