中国語で難しい発音とその発音のコツ

日本人にとって、中国語を勉強する上でとても難しいのが発音だと思います。せっかく文法を沢山覚えても、単語を沢山覚えても、発音がうまくないと意味を誤解されてしまったり、伝わらなかったりします。発音が悪いととんでもない誤解を与えてしまうこともありますから、正しい発音を身につけることは大事ですね。
そこで、日本人にとって難しい発音を集めてみました。

日本人が難しい発音と発音のコツ

an 案内の「案」と同じ発音 口角を横に広げる、舌を口の上につける
ang 案外の「案」と同じ発音 口の形は丸く、舌を口の上につけない
en 縁日の「縁」と同じ発音 口角を横に広げる、舌を口の上につける
eng 縁側の「縁」と同じ発音 口の形は丸く、舌を口の上につけない
f
上の前歯をした唇に軽くあてる
h 舌を奥に縮める
l 日本語のラ行と同じ発音
r 舌を巻く
chi 舌を巻く
qi 日本語のチーの発音とほぼ同じ
shi 舌を巻く
xi 日本語のシーの発音とほぼ同じ
zhi 舌を巻く
ji 日本語のジーの発音とほぼ同じ
yu 口笛を吹く時の口の形
日本人にとって、舌を巻く発音は馴染みがなく、発音するのが難しいのはもちろん、聞き取るときにもあまり違いがわからないかもしれません。
ですが、舌を巻いて発音すると、ネイティブにはきちんと伝わるので、自分では違いが分からなくても、口の形を意識することはとても大切だと思います。

anとang、enとeng

案内の「案」と案外の「案」、縁日の「縁」と縁側の「縁」。これらの発音は一見すると同じに思いますが、よくよく意識してみると口の形や舌の位置が違うのに気が付くと思います。日本人も無意識のうちにan、ang、en、engの発音を使い分けていると学校の先生に教えてもらった時は驚きました。
単語を覚えるときには漢字とピンインを見るだけでなく、どんどん声に出して練習しましょう!

発音練習におすすめの動画!

最後に台湾の子供向けの番組で、注音をとても分かりやすく教えてくれている動画を紹介します。そしてこの動画を見ると、もしかしたら台湾の子供にとっても発音は難しいのかもしれない・・・と思わされます。
たとえば、「灰hui1鶏ji1」と「飛fei1機ji1」の発音はどう違うのでしょうか?この動画を見れば、そんな疑問が解決されます!子供向け番組なんて・・・と思わずに、一度見てみてくださいね!