台北から1時間で行ける台湾東部(宜蘭 礁溪)パート②

こんにちは。前回に引き続き、台湾東部の町、宜蘭を紹介します。
パート①では朝台北を出発し、お昼頃に蘭陽博物館での記念撮影までをご紹介しました。

蘭陽博物館からはバス紅1番に乗り「台湾鉄道 宜蘭駅」を目指します。バスに乗ること約1時間。宜蘭駅に到着しました。

大人が楽しめる絵本、台湾宜蘭出身の絵本作家ジミー。近年では日本語版に翻訳もされており、日本でも注目されています。1999年に刊行された「君のいる場所」は金城武主演で映画化されたこともあり、ジミーの作品は絵本の世界だけでなく、世界中から人気を集めています。ここ宜蘭駅前広場にはジミー広場として、自身の絵本作品のオブジェが置かれてあり、多くのファンが訪れる人気のスポットとなっています。

絵本と同じオブジェがあり、自分が絵本の世界に入り込んだような感覚になれますよ〜!今回ここを訪れるまであまり絵本に興味がなかったのですが、たくさんの大人がハマるとのこのなので、私も読んでみたくなりました!

他にも幸福ターミナル駅と称した広場もあり、カラフルでSNS映え間違いなしのスポットがたくさんありますよ!

宜蘭駅からバスでさらに南下し羅東(ルオドン)夜市を目指します!

時刻は夜6時!夜市を巡るにはちょうどいい時間ですね〜!
お目当ては宜蘭産のネギをたっぷり使った饅頭と肉巻きロール!デザートには巨大タピオカ!
まんじゅう

肉巻きロール

ネギって日本では料理の上にパラパラ〜ってかけられてることが多いじゃないですか。でも、ここではネギがメインなんですよ!ネギ好きにはたまりません!ネギが美味しいことは知っているけど、こんなに美味しかったなんて。。。感動です。お肉の肉汁と合間って本当に美味しいです!

巨大タピオカは一人一つ注文しちゃったらボリュームが多くてお腹いっぱいになっちゃいました。このタピオカの特徴は中に小豆が入っていること!どうやって作られるのか凄く不思議ですが、この中の小豆が煮崩れもしていなくてとっても美味しいんです。モチモチのタピオカの中にサクサク感といった感じでしょうか。タピオカ好きには是非食べてもらいたい新食感のタピオカでした!

今回初めて羅東夜市を訪れたんですが、感想は・・・・
台北では見かけないグルメがいっぱい〜!夜市ってそれぞれ特徴はありますが、グルメはどこの夜市でも食べれそうなものが多いですよね〜。でもここの夜市は違いました!ここでしか食べられないものがある!今回はお腹の都合で食べられませんでしたが、他にも羊肉(ヤギ)スープや卜肉(天ぷら)、当帰(とうき)など、台北では見かけないグルメを楽しむことができます。
個人的には凄くお気に入りの夜市になりました。

帰りは羅東バスターミナルから台北駅まで戻りました。

宜蘭1日旅はいかがでしたでしょうか〜。私の感想としては、1日でたくさん遊んだな!いろんな場所に行けたな!という感じです。
次の台湾旅行は台北から日帰りで行けて、SNS映え、美味しいグルメがたくさんある宜蘭に遊びに行ってみてはいかがでしょうか〜!
最後までありがとうございました。

アクセス

・宜蘭駅前広場

幾米公園(ジミー広場)
住所:宜蘭縣宜蘭市宜興路一段240號
営業時間:24時間

幸福ターミナル駅(幸福轉運站)

住所:宜蘭縣宜蘭市宜興路一段117號
営業時間:09:00-17:30 水曜定休

・羅東夜市

晶圓包心粉圓(巨大タピオカ)
住所:宜蘭縣羅東鎮公園路1078號
営業時間:15:30-23:00

皇佳三星蔥肉串(肉巻き)

住所:宜蘭縣羅東鎮公園路公園貳拾向かい
営業時間:17:30-23:00

三星蔥豬肉捲餅(まんじゅう)

住所:宜蘭縣羅東鎮公園路130號
営業時間:15:30-22:30

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする