蚊の対策と虫刺され

台湾はだいぶ暑くなってきました。冬の台湾よりも暑い台湾は台湾らしく、南国フルーツもそろそろいろんな種類のものが出荷される時期なので、台湾をご旅行される方はマンゴーが特に楽しみな時期ですよね。

夏の台湾はフルーツが美味しく、かき氷もたくさん食べれる魅力ある季節なのですが、どうしても発生してしまう夏の嫌な虫がいます。そう、蚊です。

台湾南部では基本的に一年中蚊がいるのですが、この時期暑くなると大量に発生してしまいます。特に雨上がりは大量発生することもあるので、注意が必要です。

日本人はなぜか台湾の蚊に好かれるのか、台湾の方と一緒にいても日本人が集中砲火されてしまうようです。異国の血は美味しいのかな?台湾の蚊の毒はキツく、刺されすぎて炎症を起こしたり、足に痕が残ってしまったりしたりするので、楽観できません。数年前には台南でデング熱も流行し、まだ完全にデング熱の感染症が消えたわけではありませんので、やはり蚊の予防策は大事です。

蚊の予防策

まずは、蚊に刺されないことが何より大事です。

日本からの蚊除けはあまり効かないこともありますし、殺虫剤は毒物指定されていますので、日本から台湾へ持ち込むことはできません。蚊除け効果も台湾の蚊用に開発された台湾の蚊除けグッズの方が、より効果が高いです。

外出時には、以下の蚊除けスプレーを使用すると良いでしょう。コンビニでも売っています。肌の露出部分にスプレーするだけですので簡単で、持ち運びにも便利。

台湾に長期滞在する方は、部屋に蚊取り機を取り付けましょう。ホテルの部屋で蚊が出たときも、フロントに言えば貸してくれると思います。蚊取り機によっては森林の香りやラベンダーの香り付のものがありますが、なんか変な匂いがするので無臭が無難です(^_^;)

個人的には、「雷達(Raid)」のものよりも以下の会社の製品が効果が高いと思います。電源のオンオフもできますし、無臭ですのおすすめ。詰め替え用の液体も売っています。

蚊取りラケット

電気屋や小北百貨などの雑貨屋には、蚊取りラケットが売っています。

蚊を退治するのにとても便利なこのラケットは、「充電式」と「乾電池式」の2種類があります。最近ではこのラケットの多機能バージョンが売られており、LED懐中電灯、蚊吸引機能、折りたたみ式のものなんかが売られています。

仕組みはとても簡単で、ボタンを押すと電流が流れるので、蚊を叩くとやっつけられるというもの。蚊にヒットするとパチっという音が鳴って、蚊がひゅるりと落ちていくので少し楽しいです。

長期滞在の方なら買っておいて損はありませんが、ご旅行の方は買っても日本に持って帰れないので買わないほうが良いでしょう。日本でも売っているみたいですしね。

蚊に刺されたら

日本からムヒを持っていくのもいいですが、個人的には「綠油精」がおすすめです。

この綠油精はとても万能で、めまい、腹痛、頭痛、蚊刺され、火傷、かゆみ、手足の痛み、筋肉痛、肩や胸の不快感、車酔い、船酔い…などなんでも使える万能品!容器も小さいので、これもカバンに忍ばせるととても役に立ちますね。

いかがでしたか?蚊対策を万全にして快適な台湾旅行をたのしみましょう!