台湾の人とカラオケ

台湾の人はカラオケが好きです。

「カラオケ好き?」って聞くと、特に恥ずかしがりもせず

「好きだよ」という答えが返ってきます。

日本にもカラオケ好きはきっとかなりの数がいると思いますが。

勿論台湾にも嫌いな人もいるでしょうが、好きな人の割合が圧倒的に多いような気がします。

しかも驚くことに、自宅にカラオケの機械があったりします。

台湾に住んでいるとやっぱりカラオケに誘われることがあります。

行ってみるととにかくキレイ。そして部屋には各部屋にトイレも付いてる。

さらに場所によっては食べ放題なとこもあります。

昼間に行くとすごい安い値段で楽しめます。

しかし日本人の私達には曲の入れ方が全くわからないし、

日本の曲は古い曲ばかり、歌う曲が少なくてかなり困ります。

まあここまでは正直そんなに驚かないのです。

へーまあ予想してたけど程度で終わります。

やっぱり日本人が台湾の人とカラオケに行って一番驚くことは

台湾の人の曲の入れ方です。

日本ならなぜか自然に順番で一曲ずつ入れていきますよね。

台湾では当然自分の番が当たり前のように回ってくると思っていてはダメです。

台湾の人は1人で続けて何曲も入れます。

3曲〜5曲くらいは続けて歌うんではないでしょうか?

みんなそんな感じなので、気付いたら20曲は入ってます。

まあ幸いにも私は日本人なので歌いたい曲を言うと皆さん気を遣ってくれて

割り込み機能を使ってすぐ歌わせてくれます。

それでも2曲〜3曲くらいですかね。

あとは延々と知らない曲を聞いているわけです。

最近では台湾の曲も結構覚えてきたし、「あ、これ知ってる!」ってなるんですが

台湾に来たばかりの頃は曲も全然知らないし超退屈でしたw

さらにこれは稀な体験談かもしれませんが、

さっき他の人が歌った曲をまた入れるという暗黙のタブーをやっちゃう人がいました。

みんな自由な感じでできるカラオケもなかなか良いものです。

日本の暗黙のルールを台湾の人に教えると、信じられない!そのカラオケ楽しいの!?と言われました(^_^;)