台湾マンゴーのあれこれ

台湾の旅行の目的で、美味しいフルーツをたくさん食べたい!という方は多いはず。

特にマンゴーを目的に台湾へ来る方も少なくないようです。

そこで、今回は台湾のマンゴーについてあれこれ書きます。

台湾のマンゴーの種類

実は台湾には18種類ものマンゴーがあるそうです。

一般的に市場やお店で販売されているのは、以下の3種類でしょう。

愛文(アップルマンゴー)

日本でマンゴーといえば、このアップルマンゴーですね。台湾でもマンゴー総数の50%くらいはこのアップルマンゴーが流通しています。果実が黄金色であることから、「太陽果(太陽フルーツ」とも呼ばれるそうです。

土マンゴー

小ぶりな緑色のマンゴーで、繊維が豊富で剥きにくい・食べにくいマンゴー。
でも個人的にマンゴーの中では一番おいしいと思いますね。台南地元の方も、このマンゴーが一番好きという人が多いです。価格も安くてお手頃です。

金煌(キンコウマンゴー)

アップルマンゴーより一回りほど大きい黄色いマンゴー。
味はかなりすっきりで、さっぱりしたいときに食べたいマンゴーですね。
値段はアップルマンゴーより安く、市場でもよく見かけます。

その他のマンゴーについては、こちらのサイトに詳しく載っています
http://www.iwa2008vienna.org/

マンゴーの美味しい時期とは?

せっかく台湾に行ったのに、旬でなければ美味しいマンゴーが食べれなければ、少し残念ですよね。マンゴーは旬のものなので、市場に出回る時期は限られています。

種類 収穫時期
アップルマンゴー 5月末〜7月中旬
土マンゴー 5月初旬〜7月中旬
金煌 6月初旬〜7月末

かなり時期が限定されますね。農家によっては、管理方法によって前後1〜2ヶ月収穫の時期はずれるでしょうけど、マンゴーは夏季限定です。この時期以外のマンゴーは、冷凍ものもしくは輸入品だと思います。

マンゴーは身体に良い??

マンゴーのもつ黄色い色素、ポリフェノールは抗酸化作用があり、老化防止・がん予防・動脈硬化予防・糖尿病予防などの効果が期待できます。食物繊維も多いので、お通じにもお肌にも優しい。

そんな身体にも美味しいマンゴーですが、食べ過ぎはやはり身体に良くないそうです。

食べ過ぎでアレルギーになって、目や唇が腫れ上がってしまうことも。

食物繊維も多めなのでお腹を下しやすいですので、食べ過ぎには注意しましょう。

また妊婦さん、特に妊娠初期の方が食べるのは良くないとされています。

マンゴーの名産地

台湾で一番有名なマンゴーの産地は、台南にある玉井という場所です。

台南旅行のときに行けば、マンゴーの市場があったり、新鮮で美味しいマンゴーかき氷がありますので、マンゴーファンの方はぜひ行ってみてください。

※台南から玉井への行き方

台南火車站から大台南緑線バス(台南ー玉井)乗車、玉井で下車。

所要時間おおよそ1時間。タクシーで400元くらいです。

台湾マンゴーは日本でも買える?

最近は台湾から直送のマンゴーが日本でも買えるようになりました。

台湾内でよく台湾の方に言われるのは、「状態が良くてしっかりした見た目もいいマンゴーは、全部日本に輸出されます。」とのこと。日本に輸出されるマンゴーは、一級品ばかりのようですね。

以下のサイトでも日本に向けて販売しています。台南玉井直送のマンゴーで、販売料金はすべて込み込みですので、安心ですよ!(海外送料、検疫、税関などの面倒な手続きは一切ありません!)


その他台湾フルーツについては、以前の記事を御覧ください↓

画像参考:JJ5色廚(https://blog.icook.tw/posts/79073)