老舗の見分け方

最近、台湾人に教えてもらった豆知識。
古くからある老舗のお店の看板の読み方は右から。
入れ替わり立ち代わりの激しい台湾のお店は
これを基準に探すのもいいかもですね。
まあ、大抵美味しいお店は並んでるから分かりやすいですが…!

暑いときに食べたい緑豆湯

この前高雄に行ったときに入ったお店です。ここも看板は右からですね。
いつも気になってたんですが、結局今まで食べたことがなかった緑豆湯。
(トッピングの緑豆は食べたことあったんですが)
湯ってついてるから温かいのかと思いきや氷が入ってて冷たかったです。
初見は、なんやこの色…って感じで少し食べるのに勇気が要りました(笑)
はたしてこれは甘いのか、しょっぱいのか…どんな味なんだと。
食べてみると日本のぜんざいに似てて美味しかったです。すごく体に良さそう。
そしてたまに出てくる「おいしい」ブランドの食器(笑)
確かにおいしいんですがね!
店名:高雄綠豆湯大王
住所:高雄市前金區青年二路160號
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

大人気お茶屋さん

そしてもう一件は、お茶屋さん。こちらも勿論右から読みです。
人気店みたいで行った時には、行列ができてました。
飲みたかった緑茶系は5分前に売り切れたとのこと…残念です。
代わりに名前を見て気になった、菊花茶を飲んでみることに。
名前の通り菊の花のお茶ですかね…。
少し独特な味わいでしたが、飲んでると段々とそれが癖になるお茶でした。
店名:香茗茶行
住所:高雄市鹽埕區五福四路264號
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
それにしても台湾の人って美味しい店たくさん知ってますよね。
いつも感心します。みんなグルメだ。