台湾ひとり旅で一杯やる楽しみ

150342_medium

賞味期限が18日以内の生ビール

今回はお酒好きでひとり旅が好きな人に捧げる記事です。あまり一般向けではないような気がしますが、必要な方もいると思いますので書きます(^_^;)今これを書いてる時も一人熱炒店で飲んでます(笑)

台湾の一人旅、夜は一人でも飲みたくなりますよね?台湾旅行でどこで飲もうかふらふらと彷徨い歩き、結局決まらずコンビニでツマミとビールを買って、ホテルでちびちび飲む、なんて悲しい経験をした人もいるはず(いますよね?)まぁ私がそうなんですが、、、一人で知らない店、ましてや海外で一人お店に入るのは少し抵抗があります。


【(PR)スポンサードリンク】



1329664574-4115778520_n

BARはお洒落なところが最近多いです

しかも台湾式の居酒屋、熱炒店では周りは団体で入ってる人が多く、一人客なんてほぼいません。一人で入りづらい。でも熱炒食べたい。美味しい台湾料理と台湾ビールで一杯やりたい。でも入りづらい。いつもこんな葛藤を毎回繰り返しています。

熱炒店よりも、日式居酒屋の方が一人で入店する敷居は低いですが、値段は少し高めでしかも、というか思ったとおりというか、期待通りというか、台湾の日本料理ってそーんなに美味しくないんですよね。台湾に来てまで日本料理を一人で食べる必要は全くなく、いつもオーダーしてから後悔してしまいます、、、それでもビールは飲んじゃうんですけど。

ところで、熱炒店の台湾ビールって633mlで60-80元くらい。日本だと考えられないくらい安いですよね。これがBARなんかに行くと330mlで100元もします。一人でBARに行って、けしからん考えがある人ならともかく、純粋に飲みたいだけの人は熱炒店で十分ですね。
ちなみに、熱炒店は金土日に人気店ではビールガールがいます。暇ならこのビールガールに絡めばそこそこ楽しいです。また、席の幅が狭いお店なら、他のお客さんと話しやすいので面白いでしょう。


一人旅の飲みは、熱炒店!ってことで、みなさまの健闘を祈ります。

台南の飲みなら、以下のサイトをご参考ください。地図のみですが、ちょこちょこ記事を増やしていきます。

スライドショー用.006