冬の台湾

台湾には暖房がある家・アパートはほぼありません。当然暑い日が多いので冷房は必須ですが、暖房を必要とする時期は限られていますので、暖房を設置している施設は多くありません。というか空港なんかは換気のためか、なんと冷房をつけっぱなしです。空港は本当に寒い、、、

ですが、日本人以上に台湾の人はだいぶ寒がりですね。冬はコンビニにあるホッカイロが飛ぶように売れていますし、少し寒いと鍋屋は大繁盛。半袖でも過ごせるような日にも、何故かダウンコートを着たりマフラーを巻いたりしています。でも足元を見るとサンダルだったりで、おいおいって突っ込みたくなります(何度か突っ込みましたが)。

年に一度くらいは台湾へ寒波が来ることがあり、雪までは降らないものの南部でも10度前後まで冷え込んだりします。
暖房機器がない10度の部屋はかなり冷えます。なので室内は日本より寒いという状況もちょこちょことあったりします。
こういった天候のときは部屋の中でダウンジャケットなどの防寒具を着ることに。厚手の布団なんて買ってないですから、少し凍えながら寝ることに。

年末年始に旅行予定のある方は、何か持ち運びしやすい防寒具を一つ荷物に忍ばせておくことをおすすめします。お風呂もありませんから、風邪を引かないようにしてくださいね。