台湾での中国語学習について

 台湾では外国人が中国語を学習できる学校は、華語学校と呼ばれています。有名な大学であれば、大抵の大学はこの華語学校を併設しています。他にも独立した塾のような華語学校もありますが、施設的に大学の方が便利かと思います。
 期間もさまざまで、夏休みや春休みの一ヶ月のみ、三ヶ月のみ、半年〜一年間のコースなど期間に応じて選択できます。日本人はノービザで台湾に滞在できるのは最大90日ですので、三ヶ月間までの中国語学習はビザがいりません。
 それ以上滞在するのであれば、学生ビザを申請するか、三ヶ月に一回出国する必要があります。ワーホリなら一年間はこの心配がないから楽ですよね。
10105_696611267028812_696679262_n  1395442_218761161635850_1874824701_n


 華語学校ですが、最短で中国語を身につける一番理想的な学習方法は一対一の授業ですね。発音から文法まで先生が付きっきりで教えてくれるので、上達は早いです。

 ただ、時間に余裕があるんでしたらグループレッスンの方がおすすめです。他の国の人と中国語で会話したり、課題をこなしたり…楽しみながら学習できますし、何より友人を作りやすい。留学生活をより一層楽しめるようになります。

 台湾の文化体験や課外学習など、大学によって色んなイベントが用意されています。しっかり下調べして自分に合いそうな華語学校を選びましょう!

 ちなみに、台北の華語学校は日本人がたくさんいて、場所によっては学生の半分は日本人だとか。考え方次第ですが、中国語学習のためには日本語から遠ざかる方が良いかと思いますので、気になる人は中部〜南部の華語学校を狙いましょう!
 最後に、台湾の大学で華語学校のある一覧を貼り付けます。台南・高雄なら留学や生活のサポート、一対一の家庭教師手配などのサービスもしてますので、必要な方はお知らせください!