ビールLife in 台湾

ビールは身体に悪いと思いつつも飲んじゃいますよね。

特に毎日暑い台湾、火照った身体にビールが喉をとおり抜け、シュワシュワと身体を癒してくれます。真夏は毎日でも飲みたいですが、腹の出具合を気にして少し控えめにしたりしなかったりしています。台湾は日本と比べるとビールが安いので、ビール好きにはたまらないと思います。少し薄味でのどごし爽やかなのが特徴の台湾ビール。台湾の料理と良く合います。台湾式居酒屋(熱炒店)で飲んでも大瓶630mlで60元くらい、高くても100元くらいとかなり安め。日本では最低でも大瓶500円はしますので、かなりお得感がありますよね。

台湾は日本と比べるとビールが安いので、ビール好きにはたまらないと思います。少し薄味でのどごし爽やかなのが特徴の台湾ビール。台湾の料理と良く合います。台湾式居酒屋(熱炒店)で飲んでも大瓶630mlで60元くらい、高くても100元くらいとかなり安め。日本では最低でも大瓶500円はしますので、かなりお得感がありますよね。


こういった居酒屋では二〜三種類の台湾ビールが置いてあります。
価格の安いものから、「台灣啤酒(通称:台啤)」「金牌台灣啤酒(通称:金牌)」「金牌台灣生啤酒(通称:18天)」です。
「台啤」は気持ち少し苦目で、ホップの味が強いかな?「金牌」は爽やかで喉越しよく、一番飲みやすいと思います。
「18天」は置いていない店もありますが、生産から18日以内に出荷されたビールなので、なんとなく(おいおい)美味しいですね。
少し高めですが一本目はだいたいこれを飲んでます。
images

(左):金牌 (中):台啤 (右):18天

台湾への旅行の際には、この熱炒店へ来ることをおすすめします。
台湾各地域でそれぞれ微妙に味に地域色があり、現地台湾料理を安く味わえます

27

ここ数年でフルーツ味の台湾ビールが発売され始め、現在パイナップル、マンゴー、オレンジ、グレープ、ハチミツがあります。(他社のビールならさらにライチ、バナナ、ザクロなどもあります) これらはアルコール2.8%と控えめで飲みやすく、女性にも人気がありますね。

ちなみに、アサヒビールとキリンビールは工場が台湾にあるので、台湾ビールよりも高いものの少し安く飲めます。日本式居酒屋に行くと、だいたいアサヒビールかキリンビールはメニューにありますね。日本メーカーの少し高めなので、やっぱりいつも金牌を頼んじゃいます。
台湾ビールは美味しいですが、日本に持って帰って飲んでもイマイチなんですよね。
やはり台湾の料理と空気を感じながら飲むのがいいんでしょう。
それでは、今日も飲んできます!(笑)