ひとり旅の魅力について

以前のニュースで日本人が行くひとり旅の海外部門で台湾が一位に輝きました!
近場でお手軽・人も優しく観光地も充実、料理も口に合うとなれば、人気がでるのは納得です。

さて、ひとり旅で台湾に来る人が多くなったという一番の理由はLCCの台頭により渡台が便利で安価になったことかと思います。日本の旅行会社パンフレットで台湾旅行日帰りプランを見たときはかなりビックリしました。沖縄でもなかなか日帰りはないですもんね。実際参加された方はどうなのでしょうか・・・?


ひとり旅で何をするのかは十人十色ですが、私が思うにみなさん何かしらの「アクシデント」を期待しているのではないかと思います。アクシデントは事故とかそんなんではなく、単純に「意外な出来事」と遭遇することです。たまたま入った屋台が美味しかった、地元の人との交流や出会い、なんとなく乗ったバスの窓から絶景、ふらっと立ち寄った広場で伝統舞踏の鑑賞、などなどガイドブックに載っている決められたプランではなく、意外性に惹かれて旅をすることを目的としているように思います。

person-110305_640


未踏の地に足を踏み入れた時のあの独特の感覚は、何よりも勝る何かがあります。どきどきというかわくわくというか、あの感覚嫌いじゃないです!

ひとり旅を一度体験した人は、連休や土日さえも時間を見つけて再度行きたくなります。そんな時に台湾はふらっと訪問できる、うってつけの海外ですよね。台湾中毒の方がうちのお店にもよくいらっしゃいますが、目的を聞くといつも「特にない」という方が大半です(^_^;)

台湾日本間のLCCの就航はまだまだ増えるでしょう。それに従って徐々にひとり旅愛好者は増えていくと思います。そんなひとり旅人をぷらっと台湾は応援したいです!
148855_523003721046769_1557459120_n
1507206_227570814088218_831236865_n

1426396_224926291019337_1469044372_n

1463306_227570970754869_1715127408_n