台湾といえば小龍包!

台湾でのグルメと言えば、まず真っ先に思い浮かぶのは小龍包

日本人の小龍包好きは台湾人の中でも有名で、台湾の人と台湾グルメの話をすると必ず話題になります。
初めて台湾を訪れて、台湾の人におすすめなレストランを紹介してもらう必ず小龍包があがります。


一番有名な店は鼎泰豐ですよね。ニューヨークタイムズでも「世界の人気レストラン10店」にも選ばれたお店で、店内は日本人観光客であふれています。現在鼎泰豐は台湾に全9店舗あります。台北5店舗をはじめとして新竹、高雄、台中、板橋にそれぞれ1店舗ずつ。思ったよりも少ないですよね。南部には高雄の1店舗のみで、知名度は高いものの店舗数はそれほど多くありません。
実は日本にある鼎泰豐の方が店舗数が多く、全部で13店舗あります
東京6店舗、大阪2店舗、横浜・熊本・名古屋・博多・京都がそれぞれ1店舗ずつ。
ここからも日本人の小龍包好きがうかがえますよね。
もちろん日本より台湾の方が安いので、台湾に旅行に来た時は、小龍包を食べまくれば得した気分になります(私だけかな?)。
他にも中国、香港、インドネシア、タイ、シンガポール、韓国、マレーシア、オーストラリアへ展開しています。ちなみに、鼎泰豐は台湾の美味しい炒飯ランキングでも上位にランクインしています。

1352704402-1409589106

images-1

images-2


鼎泰豐以外の小龍包といえばどうでしょうか?夜市や小吃店でもよく見かけますよね。台湾の人に聞くと、たいてい鼎泰豐よりも美味しい!おすすめ!鼎泰豐なんか高いよ~!と、他のお勧めのお店を紹介してくれます。

実際、紹介してもらったお店の小龍包は鼎泰豐よりも安くて美味しいお店もたくさんありました。ですが、私が考えるに小龍包はお店によって皮の薄さや具のスープ、漬けて食べる調味料も変わってきますので、美味しいかどうかは個人の好みに寄るところが大きいです。
台湾で自分好みな小龍包を探す、という旅も面白いかもしれません。
私はニンニク醤油+辣椒のタレが好きで、8個で60元の小龍包が好みです(台南市内ですが無名のお店)。台湾南部へ鼎泰豐が進出しないのは、鼎泰豐よりも美味しくて安い小龍包がたくさんあるからかな?と個人的には思ってますね。
しかし、小龍包は油っ気が多いので食べ過ぎには注意ですよ。
imgres

slooProImg_20140402141209

images