あまりメジャーではない観光地紹介(その五・彰化鹿港)

それほどメジャーじゃない観光地を紹介していこうと思います。ガイドブックに小さく載っている程度の観光地、個人的におすすめしたいところをピックアップします。


 

第5回目は彰化縣にある鹿港老街です。そこまでマニアックな場所でもなく、台湾全土を紹介しているガイドブックにも載っていますが、それほど脚光を浴びていないようなので紹介します。個人的にも好きな地域ですからね。九份の雰囲気によく似ていて、ノスタルジックな香り漂う鹿港は、九份を好きな方はきっと気に入っていただける場所だと思います。
imgres-1


f_9248286_1

鹿港は台湾の歴史を語る上では外せない場所で、かつては台湾で第二の都市だったんだとか。
その鹿港、楽しみ方はなんといっても老街巡り。歴史を感じさせる建物を眺めたり、小吃を食べ歩きしたりしながら、ゆっくりした時間を過ごすのがいいでしょう。
古き建物は以前のまま使われており、今でも普通に地元の人が生活しています。
ここまで生活感が残っている老街は珍しいと思います。

アクセス

台北や台中からもバスが出ていますが、一番楽な行き方は台鉄で彰化駅へ行ってそこからバスで鹿港へ到着する方法が良いでしょう。彰化からなら、バスの本数も多く15分に一本くらい来ますからね。
 6901 2013w1902